ノマド的海外旅行 ブダペスト和風旅編

ブダペストには、大学の後輩と旅をしました。彼女は、ノマドではなく、転職活動中で、日本に住んでいます。
ベッドルームが2つあるAirbnbを借りて、2人で2週間滞在ました。
日本人と旅行をするのは、これが初めてなので、新鮮な体験をたくさんできました。

ブダペストの見どころ

1. ブダペストは夜景がきれい

ヨーロッパのたいていの都市には、中心に川が流れています。黄河文明、メソポタミア文明、エジプト文明のように、文明の発達には川が必要だったからです。

ヨーロッパの川沿いの景色はどこもきれいなのですが、ブダペストの川沿いの夜景は格別です。ブダペストの城、漁夫の砦(Halászbástya)とマーチャーシュ聖堂(Mátyás Templom)では、夜になるとバイオリン弾きがタイタニックのテーマソングなど有名極を演奏していて、とてもロマンチックです。友人も「完璧な夜」と形容していました。

町の中心からはだいぶ離れるのですが、英雄広場とヴァイダフニャディ城(Vajdahunyad vára)も、夜になると観光客がほとんどいないので、静かで落ち着いていて、ほんとうにおすすめです。

2. ブダペストからバスで30分の街「センテンドレ」

センテンドレは、芸術家が集まってできた街です。友達の提案でVeltraという会社のツアーに参加していきました。実は、初めてのツアー旅行です。かわいいお土産屋さんが多く、女ウケしそうな街です。

3. 市場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でかい、おみやげたくさん、果物がやすい。

あまり、言うことはありません。というか、狭いところにお店がありすぎて、目から飛び込んでくる情報量が多すぎて、脳が処理できません。

4.アイスをバラの形に盛りつけるアイス屋さんGelarto Rosa

聖イシュトヴァーン大聖堂のすぐ傍にあるジェラート専門店です。観光客価格なのですが、それでもハンガリーなので値段はたかがしれています。聖イシュトヴァーン大聖堂はブダペストの見どころの一つなので、ぜひ大聖堂を見た後にでも立ち寄ってください。

ブダペストでのその他の細かい想いで

 

日本の友達と旅行したので、普段は経験しないことがいろいろありました。

日本のテレビで紹介されたブダペストの日本食屋さん(全然おいしくない)に行ったり、別の日本食屋さんにいって、店員の女の子をナンパしたり、初めて団体ツアーに参加したり。


ブダペストは、「ヨーロッパで一番過小評価されている観光地」だと思います。

ヨーロッパ旅行をご検討の際は、ブダペストはかなりおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です