フリーランスは不安定・リスクがあるは誤解だ。

「フリーランス」のイメージは、「自由だけど忙しい」、「自由だけど薄給」、「不安定」、「老後の不安」などなど、リスクが大きいというイメージがあるでしょう。こういったイメージは、半分正解、半分間違いです。

じつはフリーランスはある意味では、正社員よりリスクが低い働き方です。

フリーランスは正社員より安定している?

正社員なら毎月同じ金額がもらえる。ボーナス、手当、残業代で増えることはあっても、急に激減することはありません。一方で、フリーランスの場合は、お客さんが見つからなければお金が入らないので、月によって稼げる金額が大きく変動します。

これは誤解です。私の場合、毎月必ず2000ドルくらいはもらえます。月40時間契約のお客さんと月80時間契約のお客さんがいるからです。どちらの労働時間も「見込み」なので、月によっては決められた労働時間より短く働く場合も、長く働く場合もあります。

フリーランスはうまくやれば、こういうお客さんが見つかるので、正社員と同じように暗転しています。むしろ、正社員と違って、勤め先(=取引先)をひとつ失っても、まだ一つあるので安心です。

フリーランスは正社員より安定している?その2

「フリーランスは病気になったらどうするの?」と聞かれますが、私の場合は、パソコン一つで仕事ができるので両足がなくても大丈夫です。

サラリーマンの場合は、ほぼ例外なく通勤が必要なので、「働く」ハードルはフリーランスよりかなり高いです。

確かにフリーランスは深刻な病気になって働けなくなったら収入が途絶えます。しかし、そうなる確率はサラリーマンより低いし、サラリーマンも会社によりますが、病欠は給料からひかれるので、収入が激減します。

これはフリーランスとしての仕事内容と会社によりので、単純な比較はできませんが、少なくとも「フリーランス=不安定」は必ずしも正しいとは限りません。

フリーランスは正社員より安定している?その3

フリーランスは、何もかも自分で責任を取らなきゃいけないので、一歩間違えたら大変なことになります。

でも、裏を返すと、自分さえしっかりしていればいいのです。大企業に勤めていても、いきなり中国企業に買収されてリストラや、会社の粉飾決算がばれてリストラされることもあります。

自分でかじ取りできるので、ある意味ではリスクが低いと言えます。


フリーランスが不安定かどうかは、はっきり言ってやり方次第です。やり方を間違えれば不安定だし、うまくやれば正社員より安定できます。

フリーランス・ノマドワーク・副業に興味がある人は、まずは先延ばしせず今すぐクラウドソーシングサイトに登録。登録は完全無料。
クラウドソーシング「ランサーズ」


One thought on “フリーランスは不安定・リスクがあるは誤解だ。

  1. 趣味は副業

    自分も同感です。
    ただ、見えない人からはそのように見えるのもわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です