バックパック旅行に寝袋は必要か?バックパッカー用の寝袋を徹底解説

バックパッカーの旅行に、寝袋(シュラフ or スリーピングバッグ)は絶対に必要か?答えはNoです。

でも、あればお金を節約できるし、旅をもっと楽しめます。

寝袋は、ホステルなどの宿が周囲にない、キャンプ、ハイキング、登山など、特殊な場面でのみ必要になります。

町中のホステルに泊まり、日帰りハイキングをする場合は不要です。

重いし、かさばるし、町中で野宿は危ない。でも、私は、寝袋を100%おすすめします。

この記事では、なぜ寝袋を持って旅すべきか、またどんな寝袋がいいのかを解説します。

バックパッキングで寝袋を持つデメリット

まず、かさばります。40リットルの機内持ち込みサイズのバックパックだと、半分近くが寝袋になるレベルです。ひんぱんに使わないなら、持って行かないほうが楽です。

また、キャンプをするなら、テントも必要です雨風をしのげません。さらに、荷物が増えます。

良いものを買えば、大してかさばりませんが、良いものは合計10万円くらいします。

また、野宿をすると、盗難のリスクがあります。コインロッカーが近くになければ、バックは外に放置するしかなく、バックパックごと盗まれる可能性があります。ワイヤーロックやバックセーフなどの、防犯グッズを使えば盗難のリスクは下がります。しかし、丈夫なワイヤーロックやバックセーフは重いしかさばります。

それなら、寝袋を持たずに、ロッカーがある安いホステルに泊まったほうが経済的です。

寝袋を持ってると、カウチサーフィンで泊めてくれる確率がぐっと上がる

Couchsurfingは、旅行者が旅先の現地人の家に無料で泊めてもらえるSNSです。

でも、ベッドが余ってる人や、快適に寝られるソファがある家なんて、そんなに多くないです。

とくに、「Couchsurfingで泊めてあげるよー」っていう、ヒッピー系の人は、すでに誰かとアパートを友達と共有して手狭だったり、お金持ちになることに興味がなかったりするので、「泊めてあげたいけど、眠る場所がない」は、よくあるパターンです。

しかし、寝袋を持っていれば、この問題が解決します。

couchsurfing 寝袋

床で眠れますからね。

寝袋を持ってると、ヒッチハイクで泊めてくれる確率がぐっと上がる

ヒッチハイクで、乗せてくれた人が「飯に行こうぜ!」「うちにメシ食いに来いよ!」みたいなのはよくあることです。

で、必ず聞かれるのが「どこに泊まるんだ?」です。

「寝袋があるから、野宿かなぁ」って答えると、「うちで寝ろよ!風邪ひくぞ!」も、よくある流れだそうです。

旅人でなくとも、寝袋はあった方がいい

私は、働きながら旅をしているので、ホステルやAirbnbのほうがむしろ経済的です。

あと、ヒッチハイクとかCouchsurfingって、人付き合いが面倒な人には向いていません。

私は、気の合う人か、一人で観光したいです。

でも、そんな人でも、旅人でなくとも、お金に余裕があるなら寝袋を買うべきだと思います。

日本は災害大国。最悪の場合、冬に野宿とかあり得ますからね。

また、寝袋があれば、山小屋でキャンプもできます。

寝袋は、一眼レフのように、旅に不可欠ではないけど、あれば旅がもっと楽しくなります。

災害対策にも使えるのだから、買ってみて、試しに使ってみると良いでしょう。

バックパーカーにおすすめの寝袋

まず、全天候、全環境に対応する寝袋はありません。冬用の寝袋なんて、暑くてギリシャの夏には使えません。

寝袋は、用途次第です。寝袋は、夏用、3シーズン用、冬用とあります。夏でも高山だと朝・晩は冷え込むので、温かめを選ぶのがおすすめです。また、夏の町中や屋内や、寝袋シーツで十分です。そのため、バックパッカーにおすすめの寝袋は3シーズン用です。

軽量・コンパクトも重要な要素です。寝袋は、封筒型とマミー型の、2種類の形があります。封筒型のほうがかさばるので、マミー型がおすすめです。また、マミー型の方が保温性が高いです。

素材も重要な要素です。化学繊維とダウンの2種類があります。ダウン寝袋のほうが軽くてコンパクトですが、ダウンには専用の洗剤が必要です。また、脱水しても自然乾燥に時間がかかります。化学繊維なら、すぐに乾くので清潔さを保てます。また、屋内に泊まるのであれば、保温力がたいして必要なので、保温力が低い薄い化学繊維でも、中に着込めばなんとかなるでしょう。とはいえ、寝袋用のシーツ(インナーシュラフ or トラベルシーツ)があれば、寝袋をひんぱんに洗濯する必要がなくなります。

以上を踏まえ、軽くて、そこそこ暖かいのが以下です。


ちょっと高いですよね。でも、長く旅をするなら、すぐに元が取れるし、あれば旅がもっと楽しくなります。

旅をしないときも、災害対策として、防犯グッズをいれたカバンにしまっておけるので、ぜひ買って損は無いと思います。

One thought on “バックパック旅行に寝袋は必要か?バックパッカー用の寝袋を徹底解説

  1. Pingback: バックパッカーが持ってるヨガマット的な物、「スリーピングマット」は必要か - ノマドワーカーなブログ「ノマブロ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です