ノマドワーカーなブログ「ノマブロ」について

ノマド、デジタルノマド、ノマドワークなどで検索すると有用な情報はほとんど見つかりません。

一方で、私が大嫌いなうさんくさい情報商材はたくさん見つかります。

とくに虫ずが走るのが「楽して大金を稼ぐ方法」系と、占い系。あと、追い詰められている弱者をターゲットにする売り方。

「金儲け系」の情報商材ビジネスって、「儲け方を教えてやる」と言葉巧みに頭の悪い子ネズミを誘い、貢がせて、自分が子ネズミを騙した方法とか「バカに信用されるコツ」を伝授します。

私のように、翻訳やマーケティングなどのまっとうなサービスを顧客企業に提供して対価を得るような稼ぎ方は教えてくれません。

「儲け方を教えるという情報教材を売る」以外の稼ぎ方を学ぶことはできません。

代表的な売り文句に、「破産経験がある」「どん底から這い上がった」「ブラック企業で働いてた」があります。

基本的に子ネズミは、どん底で破産すれすれですので、その設定に痺れて「自分も這い上がりたい!!」と、なけなしの金を払います。

そして、「必ず儲かる」と言われたのに、大半はほとんど稼げません。

つまり、弱者を搾取することで成り立っているし、社会に全く貢献しない完全な虚業です。

Facebookグループや、Instagramでノマドを検索すると、「Lineで1日10万稼ぐ方法」などの情報商材ばかり見つかりません。

そういうのがイヤでイヤでしょうがないので、きちんと有用な情報を届けようと思い、ブログを書き始めました。

もちろん、有料メルマガやプレミアム会員限定情報などはありませんし、今後もそういうことは一切しません。

このブログの収益

月1000円くらいです。。。私の時給の半分以下です・・。

一応、Amazon.co.jpの商品をリンクし、そのリンクからこのブログの読者が商品を購入したら、サイトが紹介料をもらえるAmazonアフェリエイトには参加しています。

本気でフリーランスで成功するなら実用書は必要です。このブログを読んだだけで、独立できるほど甘くはないです。

スキルが何もない状態なら、ウェブデザインなり、英語なり、何かしらの勉強は必要ですしね。

どうせ本は紹介するのだから、せっかくだから小銭ぐらいは稼ごうと思い、アフェリエイトを利用しています。

収益化は、本業がうまくいっているので、このサイトはボランティア+趣味でもいいかなぁと考えてます。

もしかしたら、そのうち、アフェリエイトや情報商材以外の方法で収益化するかもしれません。例えば、何か自分で商品を作ったときに、その宣伝をするとか。

ブログの内容について

このブログでは、実用的な情報の提供を心掛けています。

可能な限り正確な情報を掲載しようと努力していますが、100%の正確さは保証できません。

とくに旅系の記事は、おすすめのAirbnb(民泊)先やレストランがなくなることもあるでしょう。

質問について

Ask.fmをやってます。どんどんしてください。

答えられるかわかりませんし、答えられる場合も、すぐに回答はできないと思いますが、記事のアイディアにもあるのでぜひお願いします。

でも、その前に、私の略歴や、「ノマドワーカーになるのに役立った本」、「ノースキルで始める、海外ノマドワーカーになるための7つのステップ」、「ノマドーワーカーになるには」は軽く目を通してください。

3 thoughts on “ノマドワーカーなブログ「ノマブロ」について

  1. ゆみ

    初めまして。ノマドワーカーとして海外を旅しながら収入を得られてらっしゃるとのこと、素晴らしいと思います。
    現在そういった働き方についてリサーチをしており、早瀧さんのブログに辿りつきました。

    海外でフリーランスとして仕事をする上で、まずネックになるのがビザの問題かと思います。旅行しながら収入を得るという事は、それらの国へは観光VISAで滞在されてるかと思います。労働許可がない状態で海外企業と働かれるのは、問題にはならないのでしょうか?
    それとも滞在中の国で報酬が発生しなければ問題はないのでしょうか?

    滞在する国によるとも思うのですが、早瀧さんの場合はどのようにその辺りクリアにされてらっしゃいますか?

    1. masaharu Post author

      コメントありがとうございます。
      リモートフリーランスは、出張や国内企業が現地法人を持たずに海外と取引をするのと似たような扱いになります。
      例えば、日本で輸入雑貨店を営んでいる場合、トルコに2週間行って、買い付けや面談をするのに、ビザもトルコの現地法人もいりません。
      そのため、基本的には何もしなくても大丈夫です。

  2. ゆみ

    VISAの件、わかりやすいご回答ありがとうございます!スッキリ致しました。
    上記の場合、どこかしらの国で開業届を出している事が前提という事になるのでしょうか?

    海外を旅行しながらのリモートフリーランスの場合、納税先はどの国になるのか疑問が沸いており、それに付随して下記いくつか質問させていただいてもよろしいでしょうか?

    1)リモートフリーランスの納税先の国はどこになるのでしょうか?

    2)開業届はどの国で出されてらっしゃいますか?

    3)日本の住民票は抜かれてますか?

    4)早瀧さんは、企業からフルタイムポジションのオファーがよく来ると思うのですが、
    そういった場合の契約形態はどういうくくりにされてますか?(契約社員、業務請負など)
    その際、何か気をつける点などありますか?

    実は、日本企業からリモートワーク可能のジョブオファーを受けており、その場合の契約形態をどうすれば良いか考えております。(契約社員が良いのか、業務請負が良いのか。)
    もちろん細かい点は弁護士に相談をする予定なのですが、すでにご活躍されてらっしゃる早瀧さんのご経験やご意見を伺えますと大変ありがたいです。
    もちろんお答えいただける範囲で構いませんので、お教えいただけますでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です