【グダニスク 観光】ポーランドの隠れた名所グダニスクに2週間行きました。

2019/03/18

2016年、私は9月初めから11月末まで、いわゆるノマドワーカーとしてヨーロッパを旅していました。プラハ、ブロツラフ、そしてグダニスク、ワルシャワ、クラクフ、ブダペストなどを訪ねました。グダンスクにいたのは、10月中旬。空気は冷たく透き通り、草木は黄や赤に染まっていました。

グダニスク、グディニア、ソポトは、3つ合わせて「トリシティ(Tricty)」と呼ばれています。ポーランドの北端にある沿岸都市です。

グダニスクが過小評価された、隠れた名所です。ビーチもカフェもきれいなのに、観光客がほとんどいません。そもそも、アジア人をほとんど見かけませんでした。

グダニスクのマーケット

ブロツラフからグダニスクには電車で移動しました。グダニスクについたら、まずはAirbnb(民泊)にチェックインして、すぐにCouchsurfingの外国人のミートアップイベントに参加し、意気投合した勢いで寿司ホームパーティーをすることになりました。

翌朝、グダニスク最大の朝一にみんなで行き、スモークサーモンやそれっぽい魚と、すじこを買いました。買ったすじこは、すぐにお酢でほぐし、白ワインと醤油に漬けて、イクラの醤油漬けを作りました。ちなみに、お酢でほぐす理由は、お酢がたんぱく質を分解する酵素を含んでいるので、ほぐすのが少しだけ楽になるからです。

ソポト:ビートとクラブのエリア

#travel #Gdansk #Sopot #Poland #Europe #DigitalNomad #beach

Masaharu Hayatakiさん(@masaharuh)が投稿した写真 –

ソポトはビーチやヨットがある、いわゆるリア充っぽいところです。みなとみらいっぽい雰囲気があります。クラブ(ディスコクラブ)もたくさんありますが、私はお酒もだめだし、リズム感もないので、散歩だけしてさっさと退散しました。

グダニスクの旧市街

グダニスクの旧市街は、プラハやクラクフを比べたら小さいのですが、とても独特な雰囲気があります。昔から国際的な都市だったため、多くのドイツっぽい建物や、オランダっぽい建物などがあります。ちょっとした、ヨーロッパ伝統建築の見本市っぽい感じです。

ちなみに、グダニスクには琥珀(こはく)のお店がたくさんあります。小さいのでお土産に最高です。

ノマドワーカーにおすすめなグダニスクのカフェ

drukarnia-cafe
credited to TripAdvisor

Cafe Drukarniaが、電源もあるし、Wifiも早いので、機能面ではおすすめです。日本人が好きなサイフォンコーヒーもあるし、ココアもとてもおいしかったです。ヒップスターっぽい雰囲気のオシャレなカフェです。

他にもたくさん写真を公開しています。ぜひInstagramをフォローして下さい。
https://www.instagram.com/masaharuh/